事故車のことなら「くるマーケット」! 事故車買取の相談窓口です。
全国24時間オンライン査定
これで不安解消!自動車何でもQ&A
くるマーケットなら安心サポート付き
自動車リサイクル法について

ネットでよく見かける○○社一括査定という広告。実際にユーザーの契約に成功していますか?契約が出来なくても、メール数に応じて多くの広告費用を運営会社に支払っていませんか?

ビジネスモデルとして、一括査定は業者にとりましては、かなり不利な状況下にあるものと思います。
仮に契約が出来たとしても、ライバル数社の見積金額のなかで最高値を呈示しないと成約できないため、必然的に利益率はかなり低くなっていることでしょう。
殆どの運営会社が、1メール買取り制度を採用しているため、フェイクメールや主旨の異なるメールであっても運営会社への支払い請求対象となる場合が多いと思います。

成功率が低いと広告費と利益のバランスが悪く、良い結果を得ることが非常に困難であるのが現実です

あなたのホームページには、1日にどの位のアクセスがあり、そして何件の成約をされていますでしょうか?

◎統計的には、次のような試算が可能となります。

例えば「事故車」というキーワードにて月間20000件の検索があるとすれば、その中の10%約2000人があなたのホームページを訪問します。そしてその中の2〜3%の約60人が成約となります。(但し、あなたのホームページが検索エンジンで上位5位以内に表示されている場合です)

くるマーケットは、常に検索エンジンの上位に表示をし、よりターゲットを絞った有効的なセグメントによる展開をしておりますので、提携会社様への成約率はより高い数値となり、より高い成約を見込むこと可能です。
現在注目されているインターネット広告媒体を業績アップの近道として利用する。その礎をくるマーケットで実現して下さい。
これまでの広告メディア(新聞広告・DM・TV等)においては、ユーザー様への広告の到達については有効ではあるものの、一般ユーザー様の希望(需要)に則した展開を行うには、その効力が低いとされてきました。
しかしインターネット広告では、ターゲットを絞った有効的なセグメントが可能となり既にその有効な広告力が注目されています。
インターネット広告の特徴である、「必要な情報が確認できる」「商品やサービスの内容を詳しく知ることができる」「知りたい情報が必要十分に得られる」「他の商品やサービスと比較ができる」「便利」という評価は、まさにターゲットを絞った一般ユーザーのターゲット志向が反映しています。
2006年、インターネット人口は7600万人を超え、世帯普及率は実に85%を満たしています。更に、ブロードバンド世帯普及率は3世帯に1世帯となり、よりインターネット広告が企業営業に欠かせない時期を迎えています。

■加盟店登録のお問合せ先

0120-91-3773(担当者 小野)

>>お問合せフォーム
>>掲載内容のご案内
加盟店募集お問い合わせフォームお問い合わせフォーム会社概要HOME